80' s Web
今月の人 東京エイティーズ ショッピング ドラマ 80年代メモリーズ 80年代音楽 ヘルプ
中谷彰宏さん



今月の人- 一覧 -
05年03月:長江俊和さん
05年02月:中谷彰宏さん
05年01月:泉麻人さん
04年12月:南さん
04年11月:木村和久さん
04年10月:成田勝さん




1959年生まれ。作家。83年早稲田大学在学中に小説「目覚まし時計の夢」で作家デビュー。卒業後は博報堂入社し、数多くのCMを手がける。中でもラジオCMではACCラジオCM賞を受賞し、高い評価を得る。その後「面接の達人」シリーズ(ダイヤモンド社)、「明日は、もっとうまくいく。」(PHP研究所)など、数々のベストセラーを送りだす。年間70冊を超える執筆活動とともに、オスカープロモーション所属の俳優としても活躍中。

博報堂時代に、リクルートの「フロムエー」のラジオCMを担当していました。当時ラジオCMは長くても60秒。僕はもっと長い、ドラマのようなラジオCMをやりたかった。そこで、120秒のラジオCMを企画しました。28歳のときです。内容はインタビューで、日本からロサンゼルスに渡り、ショービジネスで成功しようとがんばっている若者に、2週間かけて50人に会いました。話を聞いていて、僕はショックでした。自分は本当にがんばっているだろうか、もっとできることがあるのではないか、と考えたし、まもなく定年を迎えるミキサーの辻さんは、「僕やっぱりこっちでラーメン屋さんやるよ」と言い出すくらい。この企画は翌年もしました。だからロサンゼルスのショウビジネスにいる日本人の若者たちのほとんどに会いました。このひとたちの多くは今、成功しています。それがとてつもなくうれしい。僕が本を書く原点はここにあります。そして多くの本は当時まだ20代だった彼らのような人へのラブレターです。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:28

博報堂時代は率先してラジオのCMを作っていました。テレビCMにくらべて儲けも少なく、人気は低く外注する人も多かった。周りからは少し不思議がられましたが、 一つのテレビCMに関わる人数は100人。これはストレスがたまります。なぜならば成功しても誰の力かわからない。失敗しても誰のせいかわからないので、なすりあいになる。自分のたたいている太鼓の音が聞こえない。ラジオは究極的には自分とミキサーさんがいればいい。2人でできます。これは厳しいけど健康的な関係です。それに小さいときからラジオが好きだというのもあったので、これは楽しい仕事でした。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:28

博報堂には84年に入社しました。映画監督になりたかったのですが、この時期は日本映画がもっとも元気がないときだった。42歳の監督がデビューして期待の新人と言われていました。これは大変だ。23歳の若者にとって40歳は途方もなく遠く感じますからね。20代では何もやらせてもらえないに違いない。とにかく早く自分で何か作りたかった。短くてもいい。文学部の学生にとって、監督をやりたかったら、映画会社かテレビ局でドラマの制作をするというのが一番わかりやすいコースだった。当時、映画は年間70本製作されていて、そのうちの半分は日活ロマンポルノ。CMは1日600本流れている。CMだったらもっと早く監督ができるんじゃないだろうか。それで博報堂に入りました。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:28

映画を観まくり、膨大な数の本を読み、月に1つのシナリオを執筆し、授業に出席、大学時代はとにかく忙しかった。特に映画は1本2時間くらいとして、3本観る日は1日6時間、5本の日は10時間、この時間は短くできない。授業も学ぶことが多く、サボれない。この両立が難しかった。だいたい、演劇科なのに映画を観る時間がないのは困ると、まず大学から1分のところにマンションを借りました。本当に時間が足りないと、移動距離すらもったいない。時間を意識するようになったのはこの時期からです。同時にスピードもつきました。できるものは「もっと速く」と4年間思い続けたからです。特に、読書スピードと、執筆スピードは、このときに格段にあがりました。この時期はいい「タイムマネジメント」の訓練期間でした。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:28

大学在学中(79年~84年)は「1日に3本、月100本の映画を観る」「月に1本シナリオを書く」これを自分に課していました。「映画監督になりたい」と思っていたので、合コンしたいとか、サークルに入ろうとか、大学生活を楽しみたいという発想はなかった。スピルバーグは20代で映画を作っている、作るにはできるだけ多くの映画を観なければならない。そして、映画監督になるための一番の早道はシナリオを書くこと。早くしないと30代になってしまう。結局、大学時代の4年間で4000本の映画を観ました。この映像の蓄積は大きい。頭の中はいまでも映像でいっぱいです。これが、僕のあらゆるクリエイティブなことのベースにもなっています。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:27

世界中でどの街が好きかと聞かれたら、僕は迷わずロサンゼルスと答えます。ロサンゼルスにはいいおっちゃんがいます。50歳を過ぎたおっちゃんが「大きくなったら俳優になりたい」刑務所にいる人が「将来はこういうことをしたい」と真剣に言っている街。また、40歳で映画用のミニチュアカー模型を一生懸命つくっている人がいる。「今、本物のエンジンの設計図を取り寄せている」と言う。映画でエンジンは見えない。模型なんだから。でも中まで設計図どおりにきれいに作る。ここまでいくと個人の趣味。どうみても日本だったらオタクだと敬遠されそうな人がたくさんいた。でもカリフォルニアではオッケー。むしろ尊敬されている。映画では一瞬の、カットされるかもしれない1秒に、これだけの情熱を注いでいる。この不思議な人たちはどうしたんだろうと思った。でも明るいよね、と。彼らを見て、自分もこういう生き方がいいなと思いました。年取っても、子供みたいに。そしてみんなまだ成功していない、成功するちょっと前の人たち。こういう人が大好きです。不安でも前に進もうと、目をキラキラさせている。そんな人を見ていると元気がでてきます。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:27

少人数で作るラジオのCMはおもしろい。台本も演出も、ナレーションの声さえも自分でやる。僕は今、演出の仕事もしていますが、セオリーは大学で、実践はラジオで学びました。ここでもミキサーの方とのいい出会いがありました。特に辻冽さんとの仕事が始まったときのことはよく覚えています。「こんなものを作りたい、意見を聞かせてください」と言ったら「中谷さんって面白いものをつくるかもしれないな、普通とちがうもんね」と、勇気づけてくれた。そのほかにもラジオ局にはベテランのすばらしいプロがたくさんいて、6ミリのテープをまわしているとひょっこりやってきて「僕だったらここに鳥の声を入れるなあ」と意見をくれる。なるほどその手があるのかと、毎日よく鍛えていただきました。また、言葉についてもこの時期、多くを学びました。僕の本が語りかけるように書かれているのは、ラジオで学んだからです。僕の本は読んでも聞いてもわかりやすい。わかるというのは、頭の中で言葉が映像になることです。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:27

僕が入社した時期は広告業界が非常に元気なときでした。糸井重里さんを筆頭にコピーライターブームもあり、優秀な人材が広告業界に入っていった。いい時期に博報堂に入ったと思います。そのなかでも藤井達朗という大天才に出会えたことは大きかった。藤井達朗師匠にはとてもかわいがっていただき、ものの作りかた、世界の作りかたを教わりました。そして、映像に関するあたたかさ、やさしさも伝えていただきました。出会いから半年後藤井達朗師匠は喉頭がんで亡くなってしまいます。悲しいできごとでしたが、教えはより鮮烈に記憶に残りました。ずっと一緒にいたらいずれは反発も疑問も生じたかもしれませんがそれが全くなかった。今となってはそれがよかったのかもしれないと思います。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:27

このとき早稲田の文学部には、文化人類学の権威で、博覧強記のバケモノがいました。この西江雅之先生の知識量は本当に凄い。また凄いことに先生は毎授業ごとに進化するのです。それは毎日の学習量がすごいから。こっちも追いつこうと必死で走っているのに、引き離されている。むしろ差はひろがっている気がした。先生の授業を受けるたび、もっと勉強しなくては、本を読まなくてはと思った。先生は民俗学の南方熊楠氏と同じ「独学に勝るものなし」という考えで、よく「自分だけの辞書をつくろう」とおっしゃっていました。「明日こそ売れてやりたい」と思っている僕には、夢のための僕の勉強がある。それは今も続いています。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:26

そのころ、観た映画には自分の中で◎、○と評価をつけていました。オールナイトで黒澤明監督特集の1本目は文句なしの◎、2本目も◎。3本目も・・・。◎はめったにつけないと決めていたので、もう、つけるのをやめました。ルーカスやスピルバーグも黒澤監督の映画を観て、映画監督になった。1作目を観たあとは、僕もこんな映画を作りたいなあと夢を抱きます。でも面白いことに、2作目を観ると今度は急に不安になる。「すでにすばらしい映画がある、まだ自分が作るべきものはあるだろうか」と。3作目にはまた「映画はすばらしい、早く自分もこんな作品が作れるようになりたい」と元気を取り戻す。黒澤監督作品にはそれくらいのインパクトがありました。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:26

手相家の西谷泰人先生に習い、手相を勉強しています。占いは昔から好きでした。修学旅行なんかで、よく友達に星占いの説明していました。そうすると「誰が好きか」という当時最も貴重な情報が(笑)ぽろっと出てくる。これは今も変わりません。占いってみてもらうときに自分の大事なことを思わずしゃべってしまうものなんですね。こちらは、こんな大切なことを僕が聞いていいんでしょうか、と驚いてしまう。でも、大切なことを聞くと友達になれます。お金もちの息子さんの手相をみたら、案外10代後半に苦労していることがわかった。そこで「苦労したんですね、大変でしたね」と言う。一見そう見えないから、誰もそんなこと言わない。でもこれをきっかけに仲良くなることができる。それは手相を始めてとてもよかったことです。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:26

子供のころから絵を描くのが好きでした。父が僕の絵の師匠です。大阪の商店街って職人が多いんですよ。父もお店をやりながら絵を描いていました。僕のHPにも載せていますが、僕は女性しか描きません。描くのはよく観ることです。だから好きなものしか描きません。好きなときに好きなものを描く。これは僕の仕事は全部そうです。本の執筆も、俳優も、研修も、僕は好きなことしかやっていない。それからよく「今これにハマっているんだ」という人がいますが、ハマりかたがまだ足りない。本当にハマっていたらそれは日常になります。興奮しているうちは、ただのブームです。ただのブームで得られるものは少ない。もっと続けたらもっと面白い。絵の世界も深い。絵には誰を描いても、自分が入ります。だから絵はモデルと自分との間の子供です。いい絵は人と同じで、喜びも哀しみも抱いています。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:25

ホテルやレストランのサービス研修をやるようになったのは30代半ばのころから。親が水商売をしていたので、サービスへの意識は高かった。でも、20代のころは逆にその分野を避けていました。親の大変な姿を見ているので、違うところへ行きたかった。でも30代になるとDNAが素直に表に出てきました。ふり返ると、もともと好きで、よく足を運んでもいた。最初は連れて行った女の子をお姫様にしてあげたい、ただそれだけでした。それがいつからかホテルやレストランからも相談を受けるようになった。これは蓄積があったからです。なんでもそうですが、「これをやってくれませんか」と言われて、「これから調べます」では難しい。始めるときにすでに体験済みで、10年以上の蓄積がないと本当の仕事はできないのです。また、ホテルやレストランは面白い業界で、世界中が一つの会社です。別のお店に移った、というのは会社での部署異動みたいなものです。だから、つながると狭く深い世界です。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:25

きっかけはいくつかあります。父はダンスが好きでした。そのころは飲みに行くと踊れる店がたくさんあった。それから自分が20代にパリに行ったときのこと。ムーランルージュのダンスホールで、レビューが始まる前にお客さんが踊る時間があるんですね。せっかく誘われたのに踊れなかった。屈辱感で、日本に帰ってきてすぐに習いに行きました。ただ、習ってもあまりピンとくるものがなくて。こんなものかな、と半年でやめてしまった。それから15年たち、ディナーショウで、演出の奥田瑛二さんから「中谷はダンス踊れ」と言われた。このタイミングで花岡浩司先生に習い、教え方、説明の仕方がぜんぜん違うことに驚き、また一から始めることにしました。今度は週2日、年100日、10年間で1000日通いますと先生に約束しました。先生と決めた目標は「フロアに立っただけで、『ちゃんとした先生に習っているな』と、わかること」「女の子が『どうにでもして』となること」の2つ。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:25

ボウリングは毎日2時間10ゲームやっています。たまたま仕事の帰りにボウリング場を見かけ、久しぶりにやってみようかなと思ったのがきっかけです。やってみたら、以前よりもよく見える。実は(近視矯正の)レーシックの手術をした後だったんですね。これが気持ちよかった。その後、ラサール石井さん主宰の芸能人ボウリング部に誘われて、入るならちゃんと練習しようと、エビスグランドボウルへ行きました。最初は自己流、通ううちにセンターの人と仲良くなり、加藤孝幸プロと出会いました。もともと昭和40年代のボウリングブームを知るDNAはあった。でも実際に続けているのは、やはり加藤プロといういい先生にめぐり会えたから。毎日通うようになり、4年たちました。ボウリング番組の司会もしています。
[PR]
# by eighties_006 | 2005-02-04 16:15

(C) Copyright 2004 SKY Perfect Communications Inc. All Rights Reserved.